スタッフ紹介

郷 美由貴(Go Miyuki)
院長

 

☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

【所属】

明治国際医療大学大学院 鍼灸学研究科 修士課程

公益社団法人 全日本鍼灸学会 学生会員

 

【免許・資格】

はり師きゅう師

自然医食フォーラム認定食養指導士

天津中医薬大学検体解剖研修修了

正食協会マクロビオティック料理教室上級 修了

 

【学歴】

明治国際医療大学 鍼灸学研究科 修士課程 在学中

大阪藝術大学 藝術学部 文藝学科 卒業

神戸東洋医療学院 卒業

 

趣味:合氣道、贈り物を考えること、料理、読書、推理

好きなアーティスト:Bump of Chicken

愛車:初代パジェロミニ

果敢に挑んでいること:英会話

尊敬している人:辰巳芳子さん、アリス・ウォータースさん、ベニシア・スタンリー・スミスさん

 

☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

 

幼少期より15年来のアトピー性皮膚炎に悩まされ、平熱35.1℃、慢性便秘、摂食障害も併発。

 

3件の病院から匙を投げられた絶望的な経験を踏み台にして治療家になった、はり師きゅう師の資格を持つ食養指導士です。

 

患者様ひとりひとりの体質に合わせた食養生指導を治療の柱とし、「身体が病氣になりようがない」状態を維持するための食事法を個人指導するのが専門です。

 

患者様とのお約束は「1年以内の医療からの卒業」です

 

 

いつまでも薬や鍼灸や健康食品に頼らなければならない医療はフェイクです。

 

 

医療や健康法が必要ない状態を作ることが、本当の根治療法です。

 

 

当院ではそれしかご提供致しません。

 

患者様が美味しく、楽しく、自然の恵みに感謝しながら食習慣を修正し、元の健康な状態に戻るまでのサポートはお任せください。

 

食養生指導(食事療法)といっても、今お使いなっている食費以上の出費も、無農薬やオーガニックにこだわる必要も、健康食品や浄水器などの健康商品も一切必要ありません。

 

 

自分の克服体験からもアトピーが専門ですが、これまでの症例はアレルギー、ぜんそく、摂食障害、無月経、不妊症、子宮筋腫、悪性腫瘍(肝細胞癌、胃癌、大腸がん)などがございますので、「食習慣」から自分の身体を本氣で立て直したい方は、ご遠慮なくご相談下さい。

 

 

 

アトピー克服から3万冊以上の文献を精査して食養生理論を研鑽し治療家となり、医学系修士号取得を目指すに至った経緯はこちら↓

 

 1.png

一番悩まされていたのは毎晩起こる夜間のかゆみ。

朝起きたらシーツが血まみれということは日常茶飯事で、ステロイドも抗アレルギー薬とも長い長いお付き合いでした。

掻き傷だらけの赤黒い皮膚。かさぶたが割れるのが痛くて、肘や膝の関節が上手に伸ばせなかったのを覚えています。

耳たぶのウラや、肩甲骨の間も常時亀裂が入り、そこから流れる膿が止まらなかった時期もあります。

ひどいときは目ヤニが溢れ、起床後、ぬるま湯で優しく目を洗わないと、固まって目が開けられないことも。

 

もちろん健康に無頓着だったわけではありません。

健康には常に意識が高く、健康情報誌、テレビ、インターネットで色んな情報を探し、周りの友人からも「歩くあるある大事典」と評されるほどの健康マニアでした

 

アトピーのためと思って、食物繊維もヨーグルトも、水も、無農薬の野菜も、ビタミンEを摂るためナッツ類なども極力食べるようにしていたのですが、結果は皮膚科、アレルギー科、ペインクリニックなど様々な病院をたらい回しにされ、3件の医院から「こんなアトピーは見たことない」と匙を投げられました。

 

「もうこのまま死ぬかも…」

 

とさえ思った重度のアトピーを患い続けていました。

 

 

 

2.png

平熱35.1℃、慢性便秘、摂食障害も併発し、心身共に本当につらい時期を経験しました。

 

アトピーでボロボロの顔を見られたくなくて、人と目を合わすことも出来ません。

 

 

“なんで自分にはこんな病気があるんだろう?”

“何とかして治りたい”

“ツルツルのもち肌なんてぜいたくは言わない、せめてかゆみの無い肌になりたい”

 

 

そう思い続けていたとき、「日本の伝統医学」が専門だった恩師(医師)との不思議な出会いがありました。

 

「アトピーは治る、ただし食生活を変えなければならない」

 

 初めにそう仰った先生が私に教えて下さったことは、

・ご飯を食べること

・鼻で呼吸すること

・愚痴や弱音を吐くヒマがあったら自力で勉強しろ(笑)。

という非常にシンプルなもの。

 

もちろんご飯を食べて、鼻呼吸するくらいで15年来のアトピーが簡単に治ったわけではありません。

 

今患者様に指導している

 

「食養生理論」

「東洋医学式の体質診断法」

「弁証法(東洋医学における治療方針を決める診立てのこと)」

 

など、身体を計画的に元氣な状態に戻すために必要な知識は、そこから約数百冊の文献を自分で精査して学びました。

 

 

先生は時々、「この本は参考になるよ」と紹介して下さるだけです。

 

そこからその本を何度も読み、参考文献のリストから他の著者の書籍を読み、自分の食習慣を変え、身体が変化するのを待ちました。

 

 

ちなみに好転反応で身体がしんどい時でも、恩師の先生は、医師なのに弱音一つ聞いてくれません(笑)。

 

乗り切らないといけないと分かっていても、ジュクジュクの膿がにじみ出る肌を見ていれば、「なんで自分の肌だけ、こんな目に…」と思うのが人情です。

 

 

ただしこの先生は「そんなに嫌なら、腕を切り落とすか? でけへんやろ? 身体をそんな風にしてきたのは自分自身や。自分で治すしかないんやで」と一喝した後、反省文(原稿用紙5枚程度)の宿題を出されました。(泣きながら書いたのを覚えています)

 

 

そんなこんなでアップダウンはあったものの、食養生を実践し始めて2ヶ月ほどでヘドロのような便が止まらなくなり、気が付けば9ヶ月でアッサリ根治。

 

食事療法といっても、別段難しい献立を作っていたわけではなく、ズボラ料理で美味しく、楽しみながらの9ヶ月でしたが、アトピーは治り、再発もせず、平熱は1.5℃上がり、便秘は解消され、摂食障害にも二度と悩むこともなく、元の健康な状態を取り戻しました。

 

門前の小僧が、習わぬ経を読みはじめた瞬間でした。

 

 

 

 

3.png

「そうか、アトピーに効く食べ物や食生活」があるのではなく、「自分の体質を自然な状態に戻す」ことが、アトピー、アレルギーを含めたおおよその慢性疾患を治す極意だ。

 

 

そう氣付いてから、今に至るまで十数年かけて、3万冊以上の文献を精査し、食養生理論や東洋医学に基づく体質診断法を独自に研鑽しました。

 

その間に東洋医学の真髄を学ぶべく鍼灸師の免許も取得。

 

(2018年4月からは明治国際医療大学大学院にて鍼灸学の修士課程に入学しますので、さらに研鑽を積みます!)

 

医療の世界に入って5年後に独立開業。

 

「10歳のお子様でも理解できる食養指導」と、

 

「1年以内の根治」にこだわる鍼灸の医療サロンを設立しました。

 

「治したいけど治し方が分からない」患者様に、サクサクっと最短距離で、元氣を取り戻して頂く機会を提供しております。

 

(藝術大学出身の私がアトピー専門の治療家になった詳しい経緯については、正食協会月刊誌「むすび」2015年11月号にインタビューで掲載して頂いております)

img028.jpg

 

 

4.png

 

現在は年間延べ2000名の患者様の診療に携わる傍ら、開業9年で70件を超えるセミナーや勉強会、医学博士との共同公演を開催し、リッツカールトン大阪やグランフロント大阪などでも、イベント出展による鍼体験を積極的に行っています。

 

 

食養生理論を学びに来られる医師、看護師、鍼灸師、調理師、セラピスト、医療ジャーナリスト、子育て中の主婦の皆様方との連携を大切にしながら、「患者様が医療から卒業できるための医療」に取り組んでおります。

 

 

食習慣を体質・体調に合うように、自然な状態に整えれば、解剖学上身体の変化は9~12ヶ月で訪れます

 

 

3年あれば(癌の方は5年要ります)、身体の大方の細胞は、入れ替わっているのです。

 

 

一部の難病や先天性疾患の場合はこの限りではありませんが、1~3年あれば、生活習慣が関わる慢性疾患からは、卒業できて当たり前です。

 

 

特に私が十数年かけて研鑽した理論を体系化して、ええとこどりが出来るようにして、患者様には指導していますから、「1年でアトピーから卒業」が当院のテーマでもあります。

 

 

そのくらい真剣な患者様のお役に立つのが、うちの使命です!

 

 

 

 

5.png

私自身根治する際に、薬、サプリメント、浄水器、無農薬野菜、敏感肌用保湿剤、乳酸菌飲料、オメガ3系の油、ビタミンCなど、アトピービジネスの代名詞と言われるものには一切頼っておりません。

 

 

普段の食費だけで、楽しく美味しく身体を健康を取り戻す方法を、東洋医学が教えてくれました。

 

 

治療家として、患者様の臨床から考察しても、アトピーを自然に治めていくためには、栄養素も、高い浄水器も、栄養補助食品も必要ないと断言できます。

 

 

実は自分にどのような健康法が合うのかを図るモノサシのないまま、メディアの情報を読み漁ることが、アトピーを慢性化させてしまう大きな要因です。

 

 

アトピーが発症する原因は人それぞれ違います

 

 

アトピーに効く〇〇”という食品や健康法は、そもそも存在しないのです

 

 

私に効いた方法が、あなたに合うかも診てみないと分からない(笑)。

 

 

だから専門家でもない個人の克服体験を鵜呑みにすることも、本来諸刃の剣なのです。

 

 

身体が喜ぶ食習慣の整え方は、頭で考えて出来るものではありません。

 

 

自然に則した食べ方をしていれば、元々持っている自然治癒力だけで、モチモチのお肌も取り戻せます。

 

 

アトピー患者でいることに心底疲れ、

ネットの健康情報検索で全然治せないアトピーに頭を抱える日々から本氣で卒業したい方は、ぜひご相談下さい。

(本氣で治したいと思っていらっしゃらない方の受診は、誠に勝手ながらお断り致しております)

 

 

「どこの病院でも治らないと診断された人が最後に頼る場所!」
「今までかかったどの先生とも違います!」
「親身に体の事を考えて下さり、お人柄もとても誠実な先生です」
「独特過ぎるが結果を出す先生!」
「人生が変わって、健康に自信がついた!」

当院を卒業された方々からの感想や口コミはコチラでご覧頂けます。